jdk5.0を使った ナウいJavaプログラムの作り方

更新日 2005年2月26日


 J2SEはjdk5.0で大きく変わったらしい。大きく変わったことの詳しいことはよく わからない。以前、畑田教授が、「大きく変わったことは大々的に紹介されるが、 細かい部分も変わっていおり、便利になっていたりする」とおっしゃっていた。という ことで、ワタシは大きな変化も眺めつつ、小さな変化をサンプルを交えていじっていこう かと思い、このコーナーを作成することにした。

 基本的には「俺基準」で、入門書にもよく使うようなクラスから見ていきたいと 思う。が、しかーし、今まで(j2sdk 1.4までのこと。以下同様)普通にコンパイル できていたプログラムを5.0のコンパイラでコンパイルすると警告を発するようになっ た。前置きとして、まずそのあたりをいじっていこうと思う。

[注意] ここに書いてある内容は、ワタシが理解という か、解釈したところであり、必ずしも厳密な定義・意味と一致しているとは限り ません。というか、まったく保証なんてしません。内容に関して、ワタシが理解できて 反映しやすいようなご指摘を受けましたら、ページに反映させたいと思います。

 ちなみに、Javaの準備・設定がまだ出来ていないのならば、 Javaのインストール・Path設定のページを参考に していただきたい。

最新版はこちら

参考資料

  1. Sun Microsystems社の Java(TM) 5.0 Documentation(日本語版が出た らしい)
  2. 櫻庭祐一 さんの J2SE5.0 虎の穴

もどる